• このエントリーをはてなブックマークに追加

真剣な悩みです。だけどおかしな悩みです

user_icon

この悩みに感情とか抜きにこの悩みを聞いてください。
小学生の高学年ごろに最初にこの悩みに気づきます。
それは食べ物とか飲み物とか高カロリーな物とか体内に入れると顔が変わるという悩みです。
元々ほっぺたは柔らかいです。
普通の人は、朝の顔と夜の顔まで高カロリーな物を食べても全く変わらないと思います。
僕の家族は全く普通です。
ぼくだけもしかしたら世界にひとりの治らない奇病かなとか思ってます。
どこに相談しても誰を見てもそんなひといないからです。
この悩みのもうひとつの変なとこは顔のほっぺたの内側と歯茎の間に変な感覚があって常に朝から晩まで消えることはなくてその感覚が頭から離れないので他のことに集中ができないことです。
この感覚があるから顔の変化に気がつきました。
この変な感覚は中学生までは食後の時だけで高校からはだんだん常にするようになってます。
普通のひとはこの変な感覚がないからこんなこと考えたこともないと思います。
小さい頃から僕だけこのことに集中がいってしまって普通のひとと大きい成長の違いがあります。
例えば友達と話してて自分には変な感覚があるからそのことを気にして会話が止まったり結果変な奴になります。
そしてともだちがいなくなりました。
高校の時も部活に入ってました。
けどこのことが気になりすぎてひとと会話するのも嫌になり部活をやめて友達の誘いも断り会話するのにもぎこちないです。家族ともです。
家族にも言ってません。
家族からも変な子やなと思ってると思います。
高校の時に友達に言ったことがあってその時に変わる前の顔と食べたり飲んだりしたあとの顔を見てもらったら変わってるて言われました。
ぼくの家はお金も今なくて解決しないのに病院とかに行ってお金出すのはもったいなくて、治ると言われて確信の気持ちを持たないと行動できない状況です。
この変な感覚はここ3年前ぐらいから続いてるので治ると思えなくてこのままだと辛すぎます。
勝手ですが解決できるかもしれない病院があれば教えてください。

投稿者:なやみ(20代男性)

相談ID:574

回答受付中

0人に評価されました

病院回答0件/返信0

病院からの回答

まだ病院からの回答は投稿されておりません。