• このエントリーをはてなブックマークに追加

美容外科と脱毛について

脱毛を行う際に、エステサロンよりも美容外科や皮膚科などの医療機関を利用する人が増えています。そのメリットとしては、まず効果が大きいこと。美容外科ではエステサロンと違い、出力の高い医療用の機器を使ってレーザー脱毛を行います。やや痛みを伴う場合もありますが、それだけ高い効果を望めるはず。短期間・短時間で完了する点も嬉しいポイントと言えるでしょう。また美容外科は医療機関のため、医師によって施術が行われる点もメリットとして挙げられています。全ての機器は医師の管理下に置かれており、適切な対応を取ってもらえるので安心して身を任せられるでしょう。万が一ヤケドなどのトラブルがあっても、早急に処置してもらえるはずです。そもそも回数が少なくて済みますので、肌への負担も少なく、トラブルになりにくい点も特徴のひとつ。自分でカミソリや毛抜きを使ってムダ毛を処理するよりも、はるかに肌ストレスを与えることなく自然に脱毛できるでしょう。

美容外科で使用されているレーザー脱毛とは、要するにレーザー光線を使用して毛根を破壊する方法です。レーザー光線には黒色や茶色に吸収されるという特性があります。この特性を利用して肌上のメラニン色素だけを照射し、発生する熱でダメージを与えるというもの。一瞬で焼き切ることができるので、一度の施術に時間がかかりません。また一度壊した毛根は再生することがないため、エステのように何度もクリニックに通う必要がない点も特徴です。実は肌の表面に見えている毛よりも、眠っている毛根のほうが数が多いのです。回数を分けてクリニックに通うのは、眠っている毛根が活動し始めた時を狙ってのこと。レーザーは成長期の毛のみに効果があるものなのです。またメラニンそのものに働きかけるため、エステのように毛を伸ばしっぱなしにしておかなければならないことはありません。レーザーによる脱毛は、期間中の心理的な負担を減らすこともできるでしょう。