• このエントリーをはてなブックマークに追加

美容外科と形成外科について

美容外科と形成外科は、共に身体の外面を外的手段によって改善する方法を採るため、しばしば混同されることがありますが、実は全く違うものです。形成外科は外科学の一分野であり、医療を目的としたものです。ヤケドや外傷、先天的な要因による異常から体の機能を正常化し、日常生活に支障がないようにする「治療」を目的としているため、もちろん保険の対象になります。対して美容外科は、美しくなる・若返るといった「美容」を目的としたものです。もともと異常のない体の機能を美意識の追求によって改善するため、保険の対象にならない自由診療に位置づけられます。しかし近年では外面的なコンプレックスが精神的な負担をもたらすことも広く認知されるようになったため、美容目的も形成外科の一分野であるという認識が広まってきました。多くの病院やクリニックでは、形成と美容が併設されています。形成外科という広い範囲の中に美容外科が含まれていると考えるとわかりやすいかもしれません。

美容外科では、アンチエイジングやスキンケアといった人間の外面的な美しさを追求することにより、幅広い医学的なアプローチを行っています。形成外科の一般的な技術に加え、美容目的ならではの特殊なテクニックや機器を使用するためその効果にはかなりの期待値が寄せられます。また医師や専門家が施術を行うので、エステサロンよりも信頼性があると言えるでしょう。この分野で行われる施術は、実際にメスを入れるいわゆる「整形」のイメージが強いものから塗り薬の処方まで実に様々。しみ、しわ、たるみの改善やニキビ・ニキビ跡の治療、イボやほくろの除去、リフトアップ、脂肪吸引などあらゆる悩みに対してその人に合った改善法を提供します。古い角質を追い出して美白を追求するトレチノイン治療や、赤く残ってしまったニキビ跡に作用するVビームレーザー、しわを軽減するボトックス注射など、エステなどよりも更に高い効果を求める人にはぴったりの方法が揃っているので、医師と相談して行いましょう。