• このエントリーをはてなブックマークに追加

産婦人科と女医について

産婦人科とは女性特有の疾患や出産などを扱っているため、患者である女性としては医師の性別が気になるものです。普段の病院では性別を意識しませんが、こういった診療科目では女医が求められています。男性の医師が相手だとデリケートな悩みは打ち明けにくいですが、相手が女性であればスムーズにできるものです。 現在は女性の社会進出をうけて女性の医師が増加しており、女性スタッフのみの産婦人科も多く存在しています。医師に自分の症状を正しく伝えなければ正確な診断はできません。そのためにも、男性の医師に抵抗のある方は、女性スタッフの病院を選びましょう。 逆に「医師の性別は問わない」と考える方もいます。同じ診療科目の医師であれば誰もが同様の技術を持っています。実際に診察を受けなければ性別による違いは分かりません。自分の好みを知るために男性と女性、両方の医師から診察を受けてみるのも良いでしょう。

産婦人科では女医を選びたがる女性がいますが、中には逆に女医に抵抗を持っている女性も少なくありません。同性であることからひとつひとつの言葉にデリカシーの無さを感じてしまうようです。また、中絶手術の場合同性であるがゆえ、同情されているように感じる方もいます。さらに、女性スタッフだけの病院が人気になっていることで、診察までの待ち時間が長くなることもあります。ストレスを感じずに治療を行うため、男性医師の病院も選択肢の一つとして考えておくと良いでしょう。 病院探しの際には実際に受診をした方の意見を聞くことをおすすめします。周囲にそういった女性がいなかった場合、インターネットの口コミを参考にしても良いでしょう。さらに、確実な治療を受けるためにセカンドオピニオンの重要性を覚えておく必要があります。ひとつの病院で治療を受けても改善が見られなかった場合、もうひとつの病院で診察をしてもらってください。本当に任せられる医師に診てもらいましょう。