• このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛と整形外科について

整形外科とは外科から独立したもので、捻挫、打撲、骨折、肩コリ、関節痛などを扱っています。また腰痛の治療も行っています。腰痛に悩んでいる方は非常に多く、膜性腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱菅狭窄症、腰椎分離症、すべり症などが分類されます。原因はさまざまですが、急な動作で筋肉が傷つく、筋肉が疲労して凝り固まる、長時間同じ体勢でいることによる背骨への負担、加齢による背骨の変形などが挙げられます。程度の大小はありますが日本人の8割が痛みに悩まされていると言われており、さまざまな機関で治療が行われています。 整形外科での治療は投薬と手術によるもので、痛みを感じたらまずこちらで診察をしてもらいましょう。これによって生活に支障の出ない程度まで回復させることができます。そのほかには整骨院、整体院、鍼灸院などの機関が対応しており、治療方法はさまざまです。さらに、保険の取り扱いも異なりますので事前に確認をしておきましょう。自分に合う機関で治療を受けてください。

腰痛にはさまざまな種類がありますが、代表的なものは腰椎椎間板ヘルニアです。人間の脊椎の間には椎間板というクッション効果のある繊維軟骨があり、これが骨の負担を減らす働きをしています。脊椎はゆるやかなS字カーブを描いており、これによって力が分散されています。 しかし、脊椎に過剰な力がかかると椎間板が飛び出て神経を圧迫し、腰や足に痛みが走ります。この状態が腰椎椎間板ヘルニアです。 これは椎間板や腰椎の老化、椎間板への圧力、日常の動作などが原因とされています。我慢できる程度の痛みであればストレッチや湿布などで処置ができますが、それ以上の痛みが伴うと注射や手術などが必要になります。痛みの大小に関わらず安静にしておくことが大切です。 そのほかにギックリ腰も代表的なもので、重いものを持った時、身体を捻った時、姿勢不良などが原因となっています。ギックリ腰は癖になるので注意しましょう。