• このエントリーをはてなブックマークに追加

今、良く耳にする生活習慣病とは??

生活習慣病とは、運動不足や喫煙、ストレス、過食や偏食など、好ましくない生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気のことで、糖尿病、脳卒中、心臓病、脂質異常症、高血圧、肥満などが挙げられます。
日本人の死因の2/3は、生活習慣病が原因といわれていますが、問題なのは検診で数値に異常が出ても、生活習慣が原因であるために改善がなかなか難しいことです。
しかも、自覚症状がないままに病気が進行するため、症状が現れた時点では脳卒中や心筋梗塞など命に関わる疾患を発症するケースが多いので、日頃から注意が必要です。

メタボリックシンドロームとは??

糖尿病、脳卒中、心臓病、脂質異常症などの生活習慣病は、内蔵に脂肪が蓄積する内臓脂肪型肥満が原因であると言われています。内臓脂肪が蓄積すると動脈硬化の危険度が高くなり、心筋梗塞や脳梗塞にかかりやすくなります。
内臓脂肪型肥満であると診断され、なおかつ高血糖、高血圧、脂質異常のうちの2つの問題を抱えている状態が、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼ばれています。また、生活習慣病は複数の病気が併発しやすい特徴があり、併発すると危険度はさらに上がってしまいます。

あなたは大丈夫???(メタボリックシンドロームの診断基準)

内臓脂肪型肥満(男性で85cm以上、女性で90cm以上)に加えて、脂質異常、高血圧、高血糖のうち、2つ以上が当てはまると「メタボリックシンドローム」と診断されます。ただ、仮に腹囲が基準値の範囲内に収まっていたとしても、内臓脂肪面積が100 c㎡を超えている人もいます。内臓脂肪の状態を正確に把握するためには、腹部CTスキャンによる測定が必要ですので、年に一度は健康診断を受け、自分の体のことを知っておくようにしましょう。

内臓脂肪の蓄積

腹囲(へそ周り)男性85cm以上 女性90cm以上
※男女ともに、腹部CT検査の内臓脂肪面積が100cm2以上に相当

内臓脂肪の蓄積に加えて、下記の2つ以上の項目が当てはまるとメタボリックシンドロームと診断されます

  • 脂質異常

    中性脂肪  150mg/dL以上・HDLコレステロール 40mg/dL未満のいずれかまたは両方

  • 高血圧

    最高血圧 130mmHg以上・最低血圧 85mmHg以上 のいずれかまたは両方

  • 高血糖

    空腹時血糖値 110mg/dL以上

メタボリックドミノの怖さ

メタボリックシンドロームを象徴するキーワードにメダボリックドミノがあります。
これは、メタボリックシンドロームになると、まるでドミノのように連鎖的にさまざまな病気が引き起こされるという事実を表現しています。
メタボリックシンドロームを放置すると、倒れ始めたドミノは止まらず、一気に下流へと広がってしまいます。
下流へ行けば行くほど止めにくいため、できるだけ上流のうちに止めることが大切です

動脈硬化について

動脈硬化(動脈硬化症)とは、血管(動脈)の内側の壁にコレステロールなどの脂質(脂肪)がこびりついて血管が狭くなり血流が悪くなったり、血管が硬くもろくなってしまう病気です。高血圧や糖尿病、脂質異常症などを放置すると動脈硬化が進み血管が詰まって脳梗塞や心筋梗塞になったり、もろくなった血管が破れて脳出血になるなど、命に関わる病気の危険度が高まります。そのため、動脈硬化に気を付けながら生活することは、大変に重要な事柄です。まずは動脈硬化のことをきちんと知り、動脈硬化と関わりの深い恐ろしい病気を予防していきましょう。

あなたは大丈夫??(動脈硬化にかかわる病気)

  • 脂質異常

    血液中の総コレステロールと中性脂肪およびLDL(悪玉)コレステロールが多く、HDL(善玉)コレステロールが少ない脂質異常症は、動脈硬化の大きな原因のひとつ。血管内に蓄積されたLDL(悪玉)コレステロールは活性酸素により酸化してドロドロの脂肪物質になります。これが血管内に貯まって動脈硬化を引き起こします。

  • 糖尿病

    血液中の過剰なブドウ糖がLDL(悪玉)コレステロールの酸化を促すため、動脈硬化が促進されます。

  • 高血圧

    血管に強い圧力がかかると、血管を傷つけてしまいます。そこに脂肪がたまりやすくなるため、動脈硬化を促進させます。また高血圧は、細い動脈の硬化だけでなく、太い動脈の硬化を促す危険因子でもあります。

  • 降圧目標

    降圧治療は、患者個別に高血圧管理計画に基づいて生活習慣の指導と降圧治療薬によって行います。
    降圧目標は若年層・中年者では130/85mmHg未満、糖尿病やCKD、心筋梗塞後患者では130/80mmHg未満とし、脳血管障害患者、高齢者では140/90mmHg未満とする。

  • 喫煙

    喫煙は総コレステロール値、LDL(悪玉)コレステロール値を高め、HDL(善玉)コレステロール値を下げます。狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症の発症を促す強力因子です。

動脈硬化の症状

動脈硬化は、かなり進行しないと自覚症状として現れません。
従って健康診断などで動脈硬化を疑われても、動脈が硬くなったり内側が狭くなった状態が目に見えるわけではないので、そのまま放置してしまいがちです。しかし、実際には動脈硬化は放っておくと、心臓病や脳血管障害、閉塞生動脈硬化症など命に関わるような重大な病気を引き起こす恐れがあるため、注意が必要です。
健康診断の数値を甘く見ないで早期発見に務めることが大切です。

あなたは大丈夫???(健康診断でこんな数値、症状はありませんか?)

  • 脂質代謝異常について

    脂質異常症(高脂血症)とは、血液中のLDLコレステロールやトリグリセライド(中性脂肪)が多すぎたり、HDLコレステロールが少なくなる病気です。
    脂質異常症(高脂血症)をほうっておくと、血管の動脈硬化が少しずつ進んでいき、やがて心筋梗塞や脳卒中などの深刻な病気が引き起こされることになります。

  • 脂質異常症の診断基準

    リスク別脂質管理目標値に従って治療します。
    ※脂質:血液に溶けているコレステロールや中性脂肪などの脂肪分のことをいいます。脂質異常症と診断されるのは、 採血の結果が下記のいずれかの場合です。

    • ①悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が多すぎる場合
    • ②善玉コレステロール(HDLコレステロール)が少なすぎる場合
    • ③中性脂肪(トリグリセライド)が多すぎる場合
  • 脂質異常症の診断基準(空腹時採血)

あなたの目標は?

  • 冠動脈疾患はありますか?(確定診断された心筋梗塞、狭心症)
    はい→二次予防
    いいえ→一次予防
  • 脳梗塞、閉塞性動脈硬化症の合併はありますか?
    はい→カテゴリーⅢ
    いいえ→LDL-C以外の主要冠危険因子の評価
  • 糖尿病(耐糖能異常を含む)→カテゴリーⅢ ※他に危険因子がなくとも
  • 冠動脈疾患の家族歴→カテゴリーⅢ
  • 加齢→カテゴリーⅢ
  • 低HDL-C血症→カテゴリーⅢ
  • 高血圧→カテゴリーⅢ
  • 喫煙→カテゴリーⅢ

チェック数が
●0→カテゴリーⅠ
●1→カテゴリーⅡ
●2→カテゴリーⅡ
●3→カテゴリーⅢ
●4→カテゴリーⅢ

  • リスク別脂質管理目標値

  • LDLコレステロール値について

    一般的に血液検査では、総コレステロール・LDL(悪玉)コレステロール・中性脂肪(TG=トリグリセライド)は測定しますが、LDL(悪玉)コレステロールは測定されません。 中性脂肪が400mg/dl以下の場合は、LDL(悪玉)コレステロールは下記の計算式によって求めます。(中性脂肪が400mg/dl以上の場合は、直接LDL(悪玉)コレステロールを測定します。)

    【総コレステロール値】-【中性脂肪値÷5】-【HDLコレステロール値】=【LDLコレステロール値】

隠れ糖尿病とは

病院や健康診断では、ほとんどが空腹時に採血をして血糖値を測り、糖尿病を診断します。しかしながら、空腹時の状態で血糖値が病気のレベルまで上昇するケースは糖尿病が非常に進行した状態になります。軽度の場合では食後の2~3時間程度で血糖値が上昇する場合があるため、糖尿病の検査では見つかりづらい場合があります。

現在はこのような症状の「隠れ糖尿病」の方が増えています。
実際に「空腹時血糖値」の検査だけでは実は糖尿病患者の約過半数が検査に引っ掛からないという結果も出ています。「隠れ糖尿病」は、気づかないうちに、いつのまにか重度の糖尿病に進行してしまう危険があるので注意が必要です。

食後の血糖値によって見つかった糖尿病の患者さんが全体の45%とかなり多く見られます。

最後に一言

糖尿病を始め、高血圧や脂質の異常など、いわゆる生活習慣病と言われるものの重要性が言われるようになって、ずいぶん時間がたっております。しかしこれらは減るどころか、ますます増加の一途をたどっています。 これを機にご自身の体調も含めて生活習慣病をもう一度見直してみてはいかがでしょうか。

コラム検索

話題のキーワード:
AGA 内科